NCAD INFO

【結果発表】高校生トートバッグデザインコンテスト2024

2024/01/30
最新ニュースお知らせ

高校生トートバッグデザインコンテスト2024

 

今年度も全国からたくさんのご応募本当にありがとうございました。

応募総数447点の中から選ばれた、最優秀賞1点、優秀賞3点、佳作10点を発表いたします!!

 

最優秀賞

「君の見える世界」

眞鍋 碧さん(宮崎県 宮崎日本大学高等学校)

作品説明

猫はあまり色の区別がつかない生き物で、青や黄色、むらさきくらいしか区別することができません。しかし、いつかそのような生き物たちにも私たちが見える色と同じくらいか、それ以上に見えるようになって、世界はすてきな色にあふれていることを知れたら良いなと思い描きました。色から連想できるものを描いたり、猫や建物はたくさんの色を工夫して使い、色が組み合わさったときの美しさを表現しました。

審査員コメント

コンセプトから個性的で、アーティスティックな素晴らしい作品です。色彩とタッチの美しさ、トートバックになった物を見てみたいと思いました。構図も不思議な雰囲気で、猫の瞳がなんとも印象的な作品です。

 

優秀賞

「カレーライス」

飛子 ことねさん(広島県 広島みらい創生高等学校)

作品説明

背負っているのは単一電池で、ポンデリング付きです。おなかのカレーは本物なので食べられます。チャームポイントは後頭部のやかんです。
キャラクターに機械類、食べ物、日常にある無機物を合わせるのが好きで、今回は分かりやすいモチーフを多めに取り入れてみました。どうやってくっ付いているのか分からないけれどこの子はこういうものなんだなぁと思ってもらえるように、全体の統一感やバランスを意識して描いています。どこに何がくっついているか、探して見つけて楽しんで頂けると幸いです。

審査員コメント

理屈抜きで面白い作品ですね。描かれているモノが実物を参考に細部を丁寧に描いているように感じます。しっかり描き切っているからこそ、細かく見ていっても見応えのある楽しいイラストです。

 

 

「What color is your room?」

奥澤 美咲さん(神奈川県 新栄高等学校)

作品説明

部屋1つ1つがカラフルに光る建物が近所にあり、幼い頃からずっと気になっているので作品にしようと思いました。高校生活最後の作品になるのでキャラクターのモデルを高校の友達にして、それぞれの関係性を見え隠れさせました。部屋は持ち主の心の中を反映していると思うので家具や色から個性を感じられるようにしました。

審査員コメント

イラストのタッチも可愛いですが、カラーバランスやレイアウトなどデザイン性も評価した作品です。描くだけではなく、どう仕上げて行くのか、その先も考えながら制作する事もデザインの楽しさの一つです。

 

 

 

「カメレオン」

星名 聖奈さん(東京都 第四商業高等学校)

作品説明

カラフルというテーマなので、体の色がいろんな色に染まれるカメレオンが自分の中で一番カラフルをイメージできると思いこの作品に仕上げました。

審査員コメント

今回多かったモチーフの一つがカメレオンでしたが、構図・面分割のバランス、色使いなど一番良かった作品です。トートバッグにワンポイント入っていたら幅広い人に使ってもらえそうですよね。

 

佳作

「彩りの日々」

成原 青那さん(山形県 寒河江工業高等学校)

審査員コメント

写真と文字をスタイリッシュなレイアウトとカラーリング。使用している書体もいい感じです。もっとこういう作品が増えたら良いと思い、選ばせてもらいました。絵やイラストを使わないデザインも楽しいので。

 

 

 

「TOO MUCH PAIN」

乙幡 龍太郎さん(東京都 S高等学校)

審査員コメント

印象的な作品で作品説明を読み、作者の思いがしっかり表現されてる作品だと思いました。色使いが個性的で構図も良く、メッセージ性を感じるデザインを評価しました。Tシャツなど他のツールでも使えそうですね。

 

 

 

「ととバッグ」

小林 眞子さん(富山県 富山北部高等学校)

審査員コメント

手描きのゆる〜いタッチとセンスを感じる色使いと、1箇所だけ「とと」と入れてしまっているあたりが、絶妙に刺さってしましました。着色のはみ出し具合などなど、見れば見るほどいい感じの作品です。

 

 

 

「only you」

栗林 柚妃さん(北海道 北海道おといねっぷ美術工芸高等学校)

審査員コメント

マスキングテープで制作されたアーティスティックな作品で、インパクトがあります。個性的なマスキングテープを大胆に使用して、落ち着かせる事なくしっかりやりきっていると思います。

 

 

 

「candy deer」

村田 アンナさん(静岡県 つくば開成高校高等学校)

審査員コメント

とてもポップでカラフル、着色もしっかり丁寧で明るい作品で今回のテーマを一番感じた作品です。顔だけタッチが揃っていないのが気になってしまいましたが、とてもポジティブな気持ちになりました。

 

 

 

「カラフル」

中島 未七登さん(愛知県 光が丘女子高等学校)

NCADコメント

レイアウトが目を引く作品。美しい表現されたコピー・文字の中を駆け抜ける少女、まるで生命の喜びが色となって実るよう。人物の部分に描かれた鮮やかなラインは、躍動感が感じられ、その一瞬の煌めきが、夢と希望への駆け引きを表現していように伝わってきました。カラフルなラインが紡ぐ躍動は、勇気と冒険の美しい旅路を感じさせます。

 

 

 

「宇宙一の美食家」

石井 澄水香さん(新潟県 第一学院高等学校)

NCADコメント

鮮やかな色彩が華やかさを引き立て、まるで美味しさが宇宙を舞台に繰り広げられているかのよう。カラフルなイラストとテーマが見事に調和し、パワー分けてもらえそうなトートバックになりそうです。

 

 

 

「かめれおん」

藤本 美羽凪さん(東京都 成瀬高等学校)

NCADコメント

8色の絵の具で描かれたカメレオンは、大きな瞳が愛らしく、絶妙な色使いと細部へのこだわりが「かめれおん」の魅力を一層際立たせています。また、絵の具の中に表現された「COLORFUL」の文字は、カメレオンの特徴にふさわしく、面白いアイディアだと感じられます。

 

 

 

「魔法のステッキ」

木下 結心さん(北海道 札幌平岸高等学校)

NCADコメント

ステッキに宿った夢がポップなイラストで描かれており、この作品はワクワク感あふれるトートバッグにぴったり。色と形が調和し、夢の輝きが感じられます。これを持てば、持ち主と周囲の人々に活気とポジティブなエネルギーをもたらすこと間違いなし。イラストの力が、トートバッグを通じて広がり、多くの人々に楽しい夢の一端を届けそうです。

 

 

 

「夢」

本元 優佳さん(長野県 松本国際高等学校)

NCADコメント

真っ黒な背景に映える鮮やかなベタのイラストが圧巻。カラフルなテーマにマッチし、豊かな色彩が作品に生命を吹き込む。コントラストが際立ち、観る者に強烈な印象を与える。これはまさにカラフルな世界が真っ暗な背景から輝き出す瞬間。デザインの魅力が、トートバッグを通じて一層引き立つことでしょう。

 

審査員総評

(アートディレクター/グラフィックデザイナー 伊藤真一さん)

トートバッグになる事を想定して、誰かが使っているシーンを想像しながら選考しました。トートバッグを使う人の事を考えてデザインできたのかなと感じた作品を評価しています。多くの力作を拝見してデザインの楽しさを改めて感じました。

 

 


 

受賞者の皆さん、おめでとうございます!

トートバッグは完成次第発送いたしますのでお楽しみに👜⸝⋆

また、今年も「ぜひトートバッグにしたい!」と思わせてくれるデザインがたくさんありました。そこで「奨励賞」に17点を選ばせていただきました。奨励賞の作品はトートバッグにして受賞者にプレゼントいたします。発表につきましてはトートバッグの発送をもって代えさせていただきます。

 

改めて、たくさんのご応募ありがとうございました!

新潟デザイン専門学校は未来のデザイナー、クリエイターを応援しています!

このコンテストを機に、デザインに興味を持っていただけたら嬉しいです🎨✨

各種SNSでNCADをもっと知ろう
 
はじめの一歩はここから!
オープンキャンパス予約資料請求
フリーダイヤル:0120-875-310
NCADの最新情報を配信中!
SNS公式アカウント
FacebookTwitteLINEYouTubeinstagram