美大・芸大など大学とNCADの違い

大学での学びは、学問の追及や研究を中心に幅広い教養を身に付けるのに対して、専門学校では、専門性の高い技術・知識を身に付けることを目指しています。
NCADの授業の多くは実技・実習で構成されていて、デザイナー・クリエイターに直結した技能教育に重点を置いています。
「どこに入った?」ではなく、「入った先で何をするか?」
NCADではみなさんの学びたい姿勢を全力でバックアップしていきます。

大学と専門学校の違いは?

一般教養科目無し。実技中心のカリキュラムだから即戦力修得
講義系科目よりも、PCや画材、専門機材などとにかく実践的に授業を展開。産学連携プロジェクトやコンテストなどにも積極的に参加し、自身の作品を世の中に広めるチャンスも豊富です。仕事に直結するカリキュラム展開を行っています。
最短2年で業界就職実現
実技中心のカリキュラムに加え、一人ひとりの就職バックアップ制度が充実しています。
クラス担任と就職相談室の連携、就職対策授業の実施、ポートフォリオ制作サポートなど学生の希望就職を全力でサポートします。
学生数が大学と比べて少ないから存分に学べる
大学は1学年300~1000人規模が大きいですが、NCAD1学年定員は165名※。
学生数が多くないからこそ、一人ひとりの指導時間やサポートを行き届かせることが可能。クラス担任制のため各学生を把握した中で学びを展開していきます。
※若干の変動はあります。
学びたい意欲を重視!入試は実技・筆記試験無し
予備校や画塾などに通う必要はありません。共通テストも受験不要。皆さんの学びたい気持ちを面談・面接で確認をさせてもらいます。今までの技術が大切なのではなく、これからどう頑張っていくかが重要です。併願制度では書類審査と作文(自宅で実施後、郵送)となっており、併願登録料は不要です。
在籍期間が少ない分、学費を抑えることが可能
美大・芸大は4年間で600~800万円ほど必要なところが多いですが、NCADの2年制学科は230万円ほどの学費※で通うことが可能。経済的に抑えてデザイナー・クリエイターを目指すことができます。国や県からも認可を受けている教育機関のため公的な奨学金や修学支援新制度など学費サポート制度も充実しています。
※その他諸費用除く

大学進学と迷った在校生の声

関根捺々花
グラフィックデザイン科
東京学館新潟高校出身(新潟県)続きを見る
■早く現場経験を積むために専門学校を選びました中学生の頃から美術系学校に進学したいと考えており、高校2年生になってから本格的に学校選びを始めました。
最初は県内外の美術大学を探していましたが、早く実際の仕事現場で経験を積みたかったので4年制大学でなく2年間でスキルを身に付けられる専門学校へ行くことを決めました。
私は絵を描くこともデザインにも興味があったので、NCADのオープンキャンパスで1日に2学科の体験をしたことでその場で比較できて進路を決めやすかったです。先生の優しさや親しみやすさも入学の決め手となりました。
高校時代からコスメ関連のデザインに興味があったので今は色んなデザインの知識を吸収してパッケージデザイン、撮影などを自分で1から手掛けたコスメの広告制作に挑戦してみたいです。とにかく経験あるのみですね!
五十嵐 尊
キャラクターイラストデザイン科
五泉高校出身(新潟県)続きを見る
■描き続けられる環境選びが大切周りからのすすめもあり、高校2年生ごろまで大学と迷っていました。大学と専門学校を比較のポイントとなったのは学べる環境と学校の雰囲気です。
スキルに自信のない自分でも教わりながら描き続けられて、周りと絵を共有したりモチベーションを向上させながら知識を身に付けられると思ったのは専門学校でした。また、NCADのオープンキャンパスで先輩の作品をみて、自分が描きたい作風はこれだ!と気づくことができました。
僕が興味のあるVtuberデザインはキャラクター設定を重視していることを知り、設定・デザイン・配色などをトータルで学べるキャラクターイラストデザイン科を選びました。
大学と専門学校のどちらを選んでも最後は自分のやる気次第だと思うので、描き続けられる環境を選ぶことは進路選びをする上で大切だと思います!

新潟デザイン専門学校(NCAD)の特徴

いつでも気軽に
「夢」を相談しよう!
オープンキャンパス予約個別相談会予約フォーム資料請求LINE
フリーダイヤル:0120-875-310
NCADの最新情報を配信中!
SNS公式アカウント
FacebookTwitteLINEYouTubeinstagram