NSGカレッジリーグ

活躍するOB・OG

「心奮わすお仕事」を紹介
PROFILE
新潟で活躍!
白井 剛暁さん
アートディレクター/グラフィックデザイナー
グラフィックデザイン科卒
勤務先:DESIGN DESIGN(デザインデザイン)代表

NCAD卒業後、立体造形物製作会社に5年間勤務の後、デザイン会社へ転職。10年間勤務の後、DESIGN DESIGNを設立。主な受賞歴TOPAWARDS ASIA、日本パッケージデザイン大賞審査員特別賞、亀倉雄策賞ノミネート、JAGDA賞ノミネート、NiigataADCグランプリ、新潟広告賞優秀賞ほか多数受賞。

デザインは人を動かし、街を変える。やりがいはそこにある。

やりがいを感じるときはどんな時ですか?

アートディレクターとして、お店や商品のブランドなど人からどう見えるか?という最も大事な部分を任されていることが、責任も重大ですが、やりがいを感じる部分でもあります。なので、「商品が売れた」「お客様が沢山来た」などクライアントから喜びの報告を受けるときはとても嬉しいです。

仕事をする上で心がけていること

良いデザインとは誰も見たことのないデザインだと思っているので、流行を知り、あえて流行に合わせない新しいデザインを生み出すように心がけています。また、デザインは商品や会社、ブランドの見られ方、つまり第一印象を決める重要な役割を担っています。クライアントがデザイン費を出してデザイナーに任せるということは商品や会社の売り上げを左右する大きな賭けかもしれません。それに対して、いつでも本気でデザインの力を発揮出来るように取り組んでいます。

デザイナーの魅力・デザイナーにしかわからない楽しさ

関わった仕事が世の中に残るというやりがいはデザイナーならではの魅力だと思います。それと、いろいろな分野の仕事が出来る事は仕事を飽きずに続けられる楽しさがあります。デザインはどんな分野にも必要とされているので、クライアントとの出会いによって、様々な業種の知識を深めることが出来きます。新しい世界に触れることでデザイナーとして魅力が増していくと思います。

一覧へ
いつでも気軽に
「夢」を相談しよう!
オープンキャンパス予約資料請求LINE
フリーダイヤル:0120-875-310
NCADの最新情報を配信中!
SNS公式アカウント
FacebookTwitteLINEYouTubeinstagram